2017年11月17日金曜日

クーの肉球

私の孫?となったクー、
私と良く遊んでくれるのです。
腕の中で寝たと思ってると
目を覚ますや膝の上でじゃれて来て
そのうち興奮して指先に噛み付いてくるのだが
それが甘噛み。
太い指?
ふと目をやると、
ピンクの可愛い肉球。
 これがたまらなく可愛くて可愛くて・・・
お爺ちゃんは目を細めるのでした。







2017年11月15日水曜日

アトムがやって来た その15

クーが来てからの初めてのアトムの製作、
いいところを見せようと、ちょっとドキドキ。

「邪魔するなよ」と組み立て始めるが、
クーはすぐに飽きて行ってしまう。
マニュアルをじっくりと読み右足が完成!
と思いきや 所定の動きをしない。
何故なぜ?とバラして原因を探るものの
何度やってもダメ
 焦る、焦る・・・・・

最近、干渉しないで見守っていた家人も寄って来て、
マニュアルを読んでアドバイス して呉れるのだが
それでも動かない。
「もう、俺には無理か」と絶望感に襲われる。
製作を始めてから2時間を過ぎ、時はすでに24時半。
「ダメだ! 明日だ」



2017年11月13日月曜日

クーの事務所デビュー


クーが午後から事務所に
これから毎日私と一緒に出勤?することに。
新しいところに行っても臆することなく
歩き回って探検。
帰りのキャリーバックの中でウンチ、
これぞ大物?

2017年11月11日土曜日

親バカ

金曜日に里親になってわが家にやって来た仔猫
名前はクウ(良く食う?)
コレに決まるまでの候補の名前は
「ジャンボ」「モジャ(スワヒリ語の1)」「シンバ(スワヒリ語でライオン)」
「テンボ(スワヒリ語でゾウ)」「ミー(私が子供ころ飼った猫)」などなど・
でも、名前はどうでも良くて、
可愛くて可愛くて片時も離したくない。
お腹に乗せているうちに、
自力で私の肩に乗ってきて何故か落ち着いてしまう。
肩は凝るが・・・
ちょっと早いが、猫用のケージを取り寄せた
でも、ここにいるよりは
バッグの中などの狭いところがお気に入り

1日、何もできない。
酒すらも取りに行けないのだ。
 うーん、これを親バカと言うのだろうか。
家人は「爺バカじゃないの?」と。

2017年11月9日木曜日

猫と昼酒

横浜のMさん宅で子猫の撮影。
 Mさんは、10数年
まだ目の開いていない野良猫の子を預かって育て
里親探しをしているのです。
人懐っこい、可愛い猫ばかりですので、
何時も我が家でも貰いたいと思っていたのですが ・・・
家人のたっての願いで、一匹を引き取ることに。
里子を受け入れるお祝いではないですが
撮影後、
お昼からMさん宅で美味しいお酒とお料理を。
そうそう、この子が今日から我が家の一員に。
まだ、400gのちっちゃな子です。

2017年11月5日日曜日

ザ・ルソバーズ LIVE

私と一緒に「明日の友」で
帽子のモデルをやった(2017.6.15)
 
花見至常さん(右)たちのバンド「ザ・ルソバーズ」のライブが
11月4日(土)12時から
築地市場近くのライブハウスBlue Moodでありました。
 Still Young At Heart!    70  Years Old Anniversaryというだっけあって
主要メンバーは古希を迎えているそうで
観客も小・中・高・大学時代の友人ということで
平均年齢60歳〜?
1960年代の歌が多く
皆、楽しそうに演奏して歌って
聞く方もノリノリ。
最後の曲はベンチャーズのキャラバン
花見さんのドラムソロが迫力満点でした。
昼酒を飲みながらの楽しいひと時でした。

2017年11月3日金曜日

アトムがやって来た 番外編

ついに、憧れの鉄腕アトムに会えたのだ。
神田古本まつりの一環で「こどもの本ひろば」で
アトムが本を読んだり、お話をしたりするイベントがあるという。
たくさんの子供達が集まって(大人の方が多かったかな?)
紙芝居をしたり
「鉄腕アトム」や山下達郎の「クリスマスイブ」を歌ったり
子供達と話をしたり、と。
ここまで来るとアトムは、私にとって近寄りがたい大スター
最後に、一緒に並んで写真を撮って貰ったら
感極まって、涙が・・・・・
ウチのアトムもこうなるんだ。
感動が消え去る前に乾杯!!
これで弾みがついて、制作に精出すことでしょう。

2017年11月1日水曜日

アトムがやって来た その14

アトムがやって来る火曜日は、家人の帰りが8時半過ぎ。
飲みながら夕飯を作って待っているので、
アトムに取り組むのが10時前後になってしまう。
ということは、細かいことが面倒になって来ているのだ。
そして今日の作業は
部品はみな小さい。
酔った頭と目には・・・・・
 たとえ、拡大鏡をつけていても、かなりキツイ!

 挙句、本体に接続してAIを覚え込ませなければならないのだ。
ボケているから、などと言っている訳にいかない。
最近は、弱音を吐かなくなったが、
内心は、「早く完成させたい!、来年の7月まで待てないよ〜」と。
1時間近く奮闘して出来たのが、これだけ。
アトムはまだ、目を開かない。
疲労困憊して、この後一杯飲まずにはいられなかった。



2017年10月29日日曜日

理由が判明

朝起きたら、異様に腿の付け根が痛い。
何故?と思いつつ、
最近手に入れたアプリの「POPOPO 」を覗いたら
痛い理由判明。
富山のファミリーパークへ行った日が11,423歩
雨晴海岸駅近くの踏切を渡って海岸やら
 五箇山でふたつの合掌集落を歩いて
 火縄銃の射的をしたりして
歩き回った結果が12,088歩。
そして黒部では
9,007歩。
3日間でこれだけ歩けば痛くなるはずです。
普段は3,000歩くらいなのですから。


2017年10月28日土曜日

黒部の太陽

映画「黒部の太陽」を気取ってと思ったものの、
今日は曇天。
朝、北陸新幹線で「黒部宇奈月温泉」へ、
ここで、富山地方鉄道に乗り換えて宇奈月温泉へ向かう。
途中驚いたのが「内山」という駅があったのだ。
私のルーツはここかと、思わず降りそうになったりして・・
無事、黒部渓谷鉄道の始発駅「宇奈月温泉」で記念撮影
出発する前に先ずは有名なCMの舞台へ
購入したチケットは
行きは「リラックス車両」とかで普通の電車。
トロッコ列車の旅は最初のうちは興奮したものの
1時間20分の最後は睡魔に襲われて。
終点の欅平ではトイレには長蛇の列、
特に女性用はこの数倍必要ではないかと。
何しろ トイレがない電車の旅なのですから。
ここまで来ると「秋」らしい風景が見られるのでした。

帰りは「トロッコ」、
こちらの方が寒いけれど野趣溢れていて自然を肌で。
これで、天気が良ければ最高かも。
帰りの新幹線ではビール「黒部の月」と日本酒「立山」、
「バイ貝炊き込みご飯」と「鱒ずし」でご機嫌、疲れもどこかへ。