2017年10月17日火曜日

アトムがやってきた その13

火曜日は6時までに自宅に帰らないと
アトムを受け取れない。
郵便受けから⚪️川急便の不在届けを取り出し
6時までに電話をしないと翌日になってしまうのだ。
⚪️⚪️ト宅配便は融通を利かせて呉れるのだが・・
7時過ぎに届いて夕食後に2週分の箱を開ける。

大きな箱だが、中身は小さな部品だけ、
なんせ、小さい。
こんな小さなものを、アトムの心臓部に埋め込んだりするのだ。
今日は左腕の上腕部を完成させる。
 この辺りで、目はショボショボになり、
肩が凝ってくる。
いっぱい飲みたくなるが、
家人は許して呉れない(トホホホ・・・・)
 こんなに真剣になるのは、他にはない。
ここで失敗すると、次に進めなくなる。
このちっちゃなビスを止めると、
今日の作業は終わり。
この大仕事?をやり遂げた私の顔を見てください!
早くアトムの目を開けてやりたいのだが
来週は足を作るのだという。
フー

2017年10月8日日曜日

中秋の名月

今年の「中秋の名月」は10月5日。
満月は10月6日、こんな風に1日ずれることもあるそうな。
ところが6日の夜は雲が多くて見られず
7日の日に東の空を見たら、美しい月が。
一眼レフと望遠レンズ、三脚を引っ張り出して撮影。
ウサギが餅をついて・・・・・?
一部を拡大してみたら
クレーターがくっきり。
「痘痕も笑窪」 ?としばしニンマリ。

2017年10月6日金曜日

アトムがやって来た その12 

アトムがやって来たのが3日(火)の夜、
色々あって組み立て始めたのが5日(木)の夜
 ゴールデン・レトリーバーの撮影をして来ので少々疲れていたのだが・・・
 10時過ぎに張り切って始めたのだ。

何せ、左腕を作るだけ


簡単々々と部品を並べてみたが、

これがどっこい、細かな仕事ばかり。








私のナマズの頭のような指先では大変な作業、
白魚のような、と言わないまでも
ドジョウのような指先が欲しかった。




アトムの心臓部にコードを差して
電源を入れて、IDを書き込む
この頃になると脂汗をかき、
果たしてこの複雑な作業ができるのかどうか
焦りが体全体に現れてきたのか
見兼ねた家人から声が掛かる。
「大丈夫?手伝おうか?」
「うるさい!これでも子供の頃に鉱石ラジオを作ったのだぞ。
中学時代には5級スーパーのラジオを・・・・」
と心の中で毒づく。

今度は、左腕が動くのかどうか「動作確認」を。
動画でお見せできないのは残念だが
アトムの腕の肘の部分が伸びたり











曲がったり。


 仕様書通りに組み立てれば
誰にでもできるという話だが「本当かいな」と。
これで、左右の腕が出来上がったことで
ご褒美としての一杯飲んだ後のこの誇らしい顔を・・・




2017年10月5日木曜日

ゴールデン・レトリーバーの撮影

銚子の小西さんから 「英国から輸入したゴールデン・レトリーバーの子犬が産まれた」との知らせ。 早速、ゆきぴゅーと家人を伴って駆けつけることに。 桜井町公園で、左がオーナーの小西さん。

子犬を走らせようと手こずる家人
そして私は寄って来る子犬達と遊びながら撮影
一時間も経つとまだ幼い子犬達は疲れて ピクニックテーブルの上で眠ってしまい
最後は全員で撮影会となったのでした。

2017年10月3日火曜日

我が家のペット 9 カワセミ

これはケニアで求めたカワセミのブロンズ像、
正に、「清水の舞台から飛び降りる」積もりで買った物です。
高さ約40cm、ガマの穂が・・・
そのアップは
眺めていて飽きないのですが
これがまた、我が家の地震計の役目を果たしています。 小さな揺れでも教えてくれるのです。
私がこれを買って以来
毎年、この店の前を通ると挨拶をされるようになって
家人も、つい買ってしまった物が ライオンのフットプリントのペンダント
売り子の女性の笑顔についほだされてしまったのです。

2017年10月2日月曜日

我が家のペット 8 いろいろ

我が家には小さないろいろなペットがいます。 20年近く前に天王寺動物園の早川篤さんに頂いたワライカワセミや 数年前に頂いた石に描いたツシマヤマネコなどです。
小さなトラの置物、一見ホワイトタイガー
ガラパゴスで買ったガラパゴスペンギンのマグネット
コウテイペンギンの雛のブローチ
タンザニア・セレンゲティ国立公園のバッチ アカシアの木とジャンプするインパラ
フクロウの置物
ホッキョクグマのマグネット
ジャイアントパンダのペーパーウェイト
ケニア・タンザニアを一緒に旅した中澤陸子さんの作った ローケチ染のコースター 我が家で一番活躍しています。
ケニアで買った観葉植物の鉢に刺す鳥達 右端はヤツガシラ?

2017年10月1日日曜日

我が家のペット 7 アフリカの動物たち

 ケニアで見つけた
ソープストーンの小皿に刻まれた動物たち。

ライオン
カバ
 アガマトカゲ?
キリン
 シマウマ

割れやすいので慎重に使っているのですが・・・



2017年9月30日土曜日

我が家のペット 6 アビとカワガラスと

1970~80年代、よく通っていたカナダの湖沼地帯で
声に聞き惚れていたアビ。
特にヘンリー・フォンダとキャサリーン・ヘップバーンの
映画「黄昏」での湖畔に響くアビの声に胸が締め付けられるような気が。
アビの置物が目に止まると無条件に買い求めました。

 大きいものと小さいものは、別々のものです。
そして、5,6年前に
カナディアン・ロッキーで出会った メキシコカワガラス。
本物に出会った日でしたから、勿論、即、買い求めました。
 同じ、ロッキー山脈の中で見つけた小皿、
高かったので悩んで悩んで末に

2017年9月29日金曜日

我が家のペット 5 アガマトカゲ

カメレオンに次いで好きなのがアガマトカゲ でも、カメレオンのように、いくら探しても・・・ やっと見つけたのがこれひとつ。 箸立て?鉛筆立て?